正定寺 (静岡県藤枝市) 本願の松

東海道五十三次22番宿の藤枝宿、東海道沿いに2kmほどの
宿場で、その西木戸口附近に建つのが正定寺である。
境内の松は、1730年田中藩主・土岐頼稔が出世して大坂城代
になった折に植樹されたといわれ、本願が叶ったことから
<本願の松>と呼ばれている。
手入れの行き届いた姿がみものである。

お寺は、1462年鎌倉光明寺の僧によって開創されたと伝え、
天正年間の火災後再建されている。

<静岡県のお寺一覧>

(1)寺名:正定寺(しょうじょうじ)
(2)住所:静岡県藤枝市藤枝2-3-27
(3)山号:大徳山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:貞誉 (6)開創:1462年
(7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)本願の松:市指定天然記念物 推定樹齢300年弱
2)訪問日:2020年6月27日

1旧東海道(22-3214)正定寺 (5).JPG
                 旧東海道

2山門(22-3214)正定寺 (4).JPG
                  山門

3六地蔵(22-3214)正定寺 (9).JPG
                 六地蔵

4参道(22-3214)正定寺 (6).JPG
                  本堂

5本願の松(22-3214)正定寺 (10).JPG
                 本願の松

6(22-3214)正定寺 (12).JPG

7(22-3214)正定寺 (14).JPG

8(22-3214)正定寺 (15).JPG

9弁天わらべ地蔵(22-3214)正定寺 (8).JPG
               弁天わらべ地蔵