徳城寺 (富山県滑川市) 芭蕉有磯塚

芭蕉が1689年奥の細道紀行に旅立ち、旧暦7月13日滑川宿に、
宿泊し詠んだといわれる<早稲の香やわけ入る右は有磯海>の句碑
が建つのが徳城寺である。
この句碑は有磯塚と呼ばれ、1764年地元の俳人などによって建立
されている。

徳城寺は1386年、立山町に開創されたと伝えるが、1583年
滑川市荒町に再興され、1880年現在地に移っている。
1992年建立された八角鐘楼も珍しい鐘楼である。

<全国のお寺一覧>

(1)寺名:徳城寺(とくじょうじ)
(2)住所:富山県滑川市四間町598
(3)山号:神明山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:土肥美作守 (6)開創:1386年
(7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)釈迦三尊図:市指定文化財 室町時代
2)梵鐘:市指定文化財 室町時代
3)有磯塚:市指定史跡 1764年
4)訪問日:2021年4月20日

1参道(16-1402)徳城寺 (1).JPG
                 参道

2山門(16-1402)徳城寺 (2).JPG
                 山門

3境内(16-1402)徳城寺 (4).JPG
                 境内

4本堂(16-1402)徳城寺 (10).JPG
                 本堂

5有磯塚(16-1402)徳城寺 (7).JPG
                 有磯塚

6鐘楼(16-1402)徳城寺 (9).JPG
                 鐘楼


この記事へのトラックバック