養照寺 (富山県滑川市) 滑川宿の脇本陣

北国街道の宿場・滑川宿にあって、1789年~幕末まで、加賀藩主の
脇本陣となっていたのが養照寺である。
養照寺は1051年天台宗のお寺として開創されたと伝え、1501年
浄土真宗に改宗している。
滑川では有数の大寺として活動し、真宗布教の中心であったといわれる。

本堂、山門、鐘楼は真宗特有の大伽藍で、江戸時代の本陣建築が残され、
文化財となっている。

<全国のお寺一覧>

(1)寺名:養照寺(ようしょうじ)
(2)住所:富山県滑川市河端町540
(3)山号:藤谷山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:1051年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)本堂:国登録文化財 1916年
2)本陣上段の間:市指定文化財 1841年
3)訪問日:2021年4月20日

1立山連峰(16-1401)養照寺 (6)1.JPG
                立山連峰

2立山連峰(16-1401)養照寺 (7)1.JPG
                立山連峰

3全景(16-1401)養照寺 (3).JPG
                養照寺全景

4本堂(16-1401)養照寺 (4).JPG
                 本堂

5鐘楼(16-1401)養照寺 (5)1.JPG
                 鐘楼


この記事へのトラックバック