来迎寺 (長野県下諏訪町) 銕焼地蔵尊

下諏訪町にあって、中山道下諏訪宿に建つ来迎寺には、和泉式部に
纏わる伝説の銕焼(かなやき)地蔵尊が祀られている。
ちなみに、諏訪市温泉寺に和泉式部の供養塔がある。

(20-4401)来迎寺 (15).JPG
                 説明板

(20-4401)来迎寺 (16).JPG
                 説明板

(20-4401)来迎寺 (19).JPG
               かねと地蔵尊

来迎寺の開創は不詳であるが、1541年再興されたと伝えている。

<全国のお寺総覧>

(1)寺名:来迎寺(らいこうじ)
(2)住所:長野県下諏訪町横町木の下3
(3)山号:引接山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:不詳 (6)中興:1541年
(7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)銕焼地蔵尊:町指定文化財 像高29cm
2)地蔵堂:町指定文化財 1731年
3)訪問日:2021年3月26日


1諏訪湖と下諏訪町方向(20-4401)来迎寺 (2)1.JPG
             諏訪湖と下諏訪町方向

2参道(20-4401)来迎寺 (9).JPG
                 参道

3参道(20-4401)来迎寺 (5).JPG
                 参道

4山門(20-4401)来迎寺 (12).JPG
                 山門

5全景(20-4401)来迎寺 (24).JPG
                 全景

6本堂(20-4401)来迎寺 (13).JPG
                 本堂

7(20-4401)来迎寺 (18).JPG
                 

8地蔵堂(20-4401)来迎寺 (14).JPG
                 地蔵堂

9境内から(20-4401)来迎寺 (25).JPG
                境内から


この記事へのトラックバック