守田十三仏石仏(南群) (三重県伊賀市)

<守田十三仏石仏(北群)>から市道を南へ100mほどの右手に、
トタン屋根の簡素な覆屋に安置された<守田十三仏石仏(南群)>
がある。
(北群)と同じく磨崖仏形式で、年代も同じ頃といわれているが、
年代銘は彫られていない。
(南群)では、向かって左に地蔵菩薩立像、右に十三仏が彫られ、
北群に比べて摩耗は少ない。

<伊賀市のお寺一覧>

(1)石仏名:守田十三仏石仏(南群)
(2)所在地:三重県伊賀市守田町1281近辺
(3)形式、年代:磨崖仏 半肉彫 16世紀前半
(4)指定:伊賀市指定文化財
(5)訪問日:2020年7月19日

1市道右手に石仏(24-1299-09)守田十三石仏 (11).JPG
              市道右手に石仏

2(24-1299-09)守田十三石仏 (15).JPG

3守田十三仏石仏南群(24-1299-09)守田十三石仏 (16).JPG
              守田十三仏石仏南群

4(24-1299-09)守田十三石仏 (12).JPG

この記事へのトラックバック