石雲院 (静岡県牧之原市) 静岡空港に隣接する古刹

杉や檜などの古木に包まれた参道を登って行くと、ジェットエンジンの
轟音が耳に入ってくる境内に辿り着く。
山の裏手一帯が2009年6月に開港した静岡空港で、なんとか石雲院
はその開発の領域から免れている。

石雲院は1455年地元の勝間田城主の支援を受けて、崇芝性岱が開創
した曹洞宗の古刹で、その後も勝間田氏・今川氏・徳川氏などの庇護の
もと大いに栄えたといわれている。
しかし度重なる戦火や失火により荒廃を繰り返したが、その都度再興
されて、現在の本堂は1843年に再建されたものである。
本堂扉の彫刻<龍門の滝>はその時に彫られた写実的彫刻である。

<静岡県のお寺一覧>

(1)寺名:石雲院(せきうんいん) 
(2)住所:静岡県牧之原市坂口1251
(3)山号:龍門山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:崇芝性岱 (6)開基:勝間田氏
(7)開創:1455年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)伽藍
  総門:市指定文化財 1607年
  山門:市指定文化財 1848~1853年
  本堂:1843年
2)彫刻・龍門の滝:市指定文化財 1843年
  参道の丁石:市指定史跡
3)トキワガキ:市指定天然記念物
4)訪問日:2010年12月12日


画像
                 総門
         
画像
                 参道

画像
                 境内

画像
                 山門

画像
                 本堂

画像
               彫刻・龍門の滝

画像
                 庭園

画像
                静岡空港


この記事へのトラックバック