丈六寺(徳島県徳島市) 阿波の法隆寺

丈六寺は阿波の法隆寺と呼ばれる文化財の宝庫であり、徳島の名刹でもある。
勝浦川沿いの参道のもみじが迎えてくれ、私が訪問した新緑のもみじからも
紅葉の鮮やかな風景が想像される。
総門(一の門)、中門(二の門)と潜り三門前に至る参道を歩いていると
これぞ名刹と感じられる空気が流れている。

1(36-01)(00)丈六寺総門(一の門).jpg
                  総門

2(36-01)(00)丈六寺参道1(中門へ).jpg
                  参道

3(36-01)(00)丈六寺中門(二の門).jpg
                  中門

0濠(36-01)(00)丈六寺外周1.jpg
                  堀

4(36-01)(00)<重文>丈六寺三門.jpg
                  三門

5(36-01)(00)<重文>丈六寺三門3.jpg
                  三門

また別の歴史を語る血天井伝承もある。
戦国大名・長宗我部元親が四国統一の途次に、地元の城主を丈六寺に招き
謀殺した際に血で塗られた縁板を天井板として残している。
戦国の血と血で争う歴史の一端を垣間見る。

<全国のお寺一覧>

(1)寺名:丈六寺(じょうろくじ) 
(2)住所:徳島県徳島市丈六町丈領32
(3)山号:瑞麟山 (4)宗派:曹洞宗 
(5)開山:天真正覚尼 (6)開創:650年
(7)中興開基:細川成之 1487~91年 
(8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)阿波の法隆寺
2)重要文化財伽藍
 本堂:1629年建立
 観音堂:1648年
 経蔵:1644年
 三門:室町後期
3)重要文化財仏像
 聖観音坐像:藤原時代 像高3.1m(丈六)
4)細川成之像(画):重要文化財 室町時代
5)県指定文化財
 徳雲院:1563年
 書院:江戸時代初期
 境内一円:史跡
6)市指定文化財
 大蔵経:1616年 中国明代
 雲版:1394年
7)室町中期の守護大名細川成之の菩提寺
8)徳島藩重臣の墓
9)訪問日:2007年6月4日
               

画像
                 境内

1(36-01)(00)丈六寺菩提樹.jpg
                 菩提樹

2(36-01)(00)<重文>丈六寺本堂.jpg
                  本堂

画像
                 本堂

画像
                 経蔵

画像
                 観音堂

3(36-01)(00)丈六寺僧堂.jpg
                 僧堂

4(36-01)(00)丈六寺庭園.jpg
                 庭園

画像
                 徳雲院

画像
                徳雲院血天井

画像
                細川氏墓碑

5(36-01)(00)丈六寺蜂須賀家重臣墓所.jpg
              蜂須賀氏重臣墓所


この記事へのトラックバック