金地院(京都市左京区) 庭園

方丈の前にひろがる鶴亀の庭園は1632年に小堀遠州が
作庭した枯山水庭園で、国の特別名勝に指定され、
桃山時代の典型的な庭園といわれている。

金地院は、応永年間(1394~1427年)京都の鷹ヶ峯
に建立されたが、江戸時代の初期に以心崇伝(金地院崇伝)が
この地に再興した南禅寺の塔頭(13ヶ寺)である。
以心崇伝は徳川家康の信任厚く<黒衣の宰相>といわれ、
政治外交の顧問として辣腕を揮った。
南禅寺の中興の祖といわれ、南禅寺の復興を図った。
家康の遺言により、金地院には東照宮が建てられた。

<京都市左京区のお寺一覧>

(1)寺名:金地院(こんちいん)
(2)住所:京都市左京区南禅寺福地町86-12
(3)宗派:臨済宗南禅寺派大本山南禅寺の塔頭
(4)開基:足利義持 (5)開創:応永年間
(6)中興:1605年 以心崇伝 (7)本尊:地蔵菩薩
(8)その他
1)伽藍
  方丈:重要文化財 1627年
  茶室八窓席:重要文化財 1628年
  東照宮:重要文化財 1628年
  開山堂、明智門など
2)国宝
  渓陰小築図:1413年
  秋景山水図、冬景山水図:12世紀 中国南宋
3)楼閣山水図:重要文化財 狩野元信作
  など多数の文化財
4)庭園(鶴亀の庭):国指定特別名勝 小堀遠州作
5)訪問日:数回

<伽藍>

(1)(26-10604)(00)金地院東照宮下乗門.jpg
                 下乗門

(2)門前(26-10699)金地院 (3).JPG
                  門前

(3)山門(26-10604)(00)金地院総門(大門).jpg
                  山門

(4)庫裡(26-10699)金地院 (4).JPG
                  庫裡

(5)方丈(26-10604)(00)<重文>金地院方丈.jpg
                  方丈

(6)明智門(26-10604)(00)金地院明智門.jpg
                 明智門

(7)開山堂(26-10604)(00)金地院開山堂3.jpg
                 開山堂

(8)東照宮門(26-10699)金地院 (1).JPG
                東照宮門

(9)東照宮御成門(26-10604)(00)金地院東照宮御成門.jpg
               東照宮御成門

(10)石燈籠(26-10604)(00)金地院燈籠2寄せ燈籠(御成門前).jpg
                 石燈籠

(10)東照宮拝殿(26-10604)(00)<重文>金地院東照宮拝殿.jpg
                東照宮拝殿

<庭園、弁天池>

(11)庭園(26-10604)(00)<特別名勝>金地院鶴亀の庭園.jpg
                  庭園

(12)庭園(26-10604)(00)<特別名勝>金地院鶴亀の庭園3.jpg

(13)庭園(26-10604)(00)<特別名勝>金地院鶴亀の庭園5.jpg

(14)(26-10604)(00)<特別名勝>金地院鶴亀の庭園2.jpg

(15)庭園(26-10604)(00)金地院燈籠4(鶴亀の庭園).jpg

(16)弁天池(26-10604)(00)金地院弁天池2.jpg
                 弁天池

(17)弁天池(26-10699)金地院 (9).jpg
                 弁天池


この記事へのトラックバック