最善寺 (広島県福山市)

福山市寺町にあって、親鸞聖人の高弟で六老僧の一人・明光上人 が弟子二人などを伴って、鎌倉から西国へ巡錫した際に、明光上人 は沼隈町に光照寺を、弟子の一人・性尊が最善寺を開創したと 伝えられている。 この明光上人の巡錫が、西国における浄土真宗布教の始まりといわれ 光照寺は西国最初の浄土真宗寺院といわれる。 最善寺も最初類の西国…

続きを読むread more

願興寺 (岡山県岡山市東区) 備前48ヶ寺

東区北東部にあって、山あいに建つ願興寺は、報恩大師が 天平勝宝年間(749~757年)開創した備前48ヶ寺 の一つである。 1632年岡山藩主となった池田光政は名君といわれたが、 宗教政策面では、廃仏毀釈の策を行い、願興寺も一時廃寺 となっている。 火災や廃寺などで文化財は残っていないが、古刹の寺格が 残り、もみじが多い。…

続きを読むread more